ホーム » npo不動産販売倫理委員会 » ネットでの証拠保全の方法

ネットでの証拠保全の方法




悪徳不動産屋や犯罪の被害にあったと思ったら何より先に即時、証拠を確保しましょう。
証拠には、写真、動画、録音、プリントアウト、証言などが有ります。

 

【新築おとり物件広告などを証拠画像にする方法】

 

まず、ブラウザ(Google グーグルのクロームがオススメです)を2つ立ち上げ、一つのモニター上に左右半分ずつ同時に映し出します。

 

↓左側のブラウザにヤフーのトップ、右側のブラウザに証拠を保全したいページを出しモニター全体を写真に撮ります。

DSC_0445




次に、各ページの内容を画像にしスクリーンショット(キャプチャ)で保存します。
①PrintScreenキーを押します。(ノートパソコンやコンパクトキーボードで、PrintScreenキーが無い場合はFn+PrtScキーを同時に押します)
②スタートボタン→プログラム→アクセサリ→ペイントを選びMSペイントを起動する。
③Ctrl+Vキーを同時に押して画像として保存します。(または、左上の編集→貼り付けで転載します)
④ウィンドウズ7以降では、Snipping Toolで簡単に画像キャプチャが出来るようになりました。
インターネット上の内容はプリントアウトすれば済みますが、プリントアウト出来ない内容でもモニターに映し出される全てを画像として保存出来ます。



 

↓画面の左側ページ(これにより日付が分かります。)

evidence1



 

↓画面の右側ページ(おとり新築物件広告など証拠として残したいページです。)

evidence2




スマホなどiPhoneアイフォンでの証拠保全の方法は、画面をスクリーンショットして保存しますが、電源スイッチとホームボタンを同時に押すと画像として保存できます。

こんな防犯グッズもいろいろと有ります。安全安心ネット



 

 

Copyright(c)NPO不動産販売倫理委員会 All Rights Reserved.