fbpx

不動産の売買であるトラブルは?

このページタイトルとURLをコピーしてシェアする



不動産の売買に関するトラブルは多岐にわたり、以下に代表的なものをいくつか挙げます。

権利関係に関するトラブル:不動産の所有権が明確でない、担保権や差押えのある不動産が売買されたなど、権利関係に関する問題が発生することがあります。

契約内容に関するトラブル:契約書の記載内容が不明瞭で、売買価格や引き渡し日程、付帯設備などがトラブルの原因になることがあります。

物件の瑕疵に関するトラブル:売買対象物件に欠陥があった場合、買主が補修や修繕費用を請求することがあります。

不動産業者とのトラブル:不動産業者とトラブルが発生する場合もあります。例えば、説明不足により買主に不利な条件で契約が成立した、仲介手数料の支払いに関する問題などがあります。

金銭トラブル:契約後に売主が売買価格を支払わず、買主が支払った代金を返却しないなど、金銭トラブルが生じることがあります。

これらのトラブルを未然に防ぐためには、売主と買主が契約書に記載された条件についてよく理解し、瑕疵担保責任や引き渡し日程などについて十分に確認することが大切です。

また、不動産業者の選択にも注意が必要であり、信頼できる業者を選ぶことが重要です。売買に関するトラブルが生じた場合は、弁護士や行政書士などの専門家に相談することが望ましいです。


タイトルとURLをコピーしました